女性マーケターに教えておきたいビジネス・マーケティング心理学

「女性起業家になるには女性マーケターの視点が必要だと言われました。」

「女性マーケターに必要な心理学の知識を教えてください。」

MARQUE

今回、記事を書かせていただく女性専門の起業相談コンサルタントをしておりますMARQUEと申します。女性起業家が女性マーケターの視点を持つために必要な心理学を、このたった1記事に集約しました。

女性起業家になるにはマーケターの視点が必要という話をよくしますが、女性マーケターとして心理学を知っているか知っていないかは天と地ほどの差になります。

心理学を知らずに女性マーケターを名乗るのは「炊飯器にお米を入れずにスイッチを押して、ご飯が炊き上がるのをお腹を空かせて待つくらい」には天然です。

天然エピソードであれば笑い話で済みますが、あなたはこれから女性起業家として事業を作っていくわけですから、笑い話で済ませるわけにはいきません。

心理学の知識が、事業の生死を分けます。

事業を生かすも殺すもあなた次第ですから、心理学の知識は学んでおいてください。

この記事は、女性起業家を志望するあなたがマーケティング力を付けるために心理学を学ぼうとした時、繰り返しこのたった1記事を読み込めば、ビジネス・マーケティング心理学の勉強はOKという状態にするための記事になります。

MARQUE

この記事は、あなたがお風呂やトイレに入っている時に読むことを想定して書きました。スキマ時間を使い、学ぶことを習慣化してください。

女性マーケターに教える心理学

女性マーケターに教えておきたいビジネス・マーケティング心理学は全部で90個(※順不同)ありまして、そのすべてが実践の場で役立つ心理学になります。

女性起業家として、女性マーケターとして知っておくべき心理学です。

覚えた上で、使いこなせるようにしましょう。

※用語をタップすると、解説が読めます。

社会的証明の原理とは、自分の意見と多数派の意見が合致すると喜び、自分の意見が少数派だと分かると多数派に乗り換えようとする心理のことです。
確証バイアスとは、自分の考えや信念が正しいかどうかを検証する際に、自分にとって都合の良い情報ばかりを寄せ集めてしまう心理のことです。
認知的不協和とは、自分の考えと行動が一致しない時に感じる不安を解消するために、別の考え方を持ち出し自分自身を正当化する心理のことです。
一貫性の原理とは、行動、発言、態度、信念を一貫させておきたいという心理のことです。
YESセット法とは、何度もYESと言わせることで無意識に次の質問にもYESと答えさせてしまう心理のことです。
ラベリング効果とは、人や物事にラベルを貼りカテゴライズすることで、自分の思い通りの結果に人や物事を導こうとする心理のことです。
アンカリング効果とは、最初の数字が基準となり後の数字に影響を与える心理のことです。
プライミング効果とは、事前に見聞きした情報が後の判断や行動に影響を与える心理のことです。
フレーミング効果とは、伝え方や表現方法によって物事の捉え方や意思決定が大きく変わる心理のことです。
権威性の法則とは、専門家の意見に従ってしまう心理のことです。
フット・イン・ザ・ドアとは、最初に小さな要求をすることで後の大きな要求が通りやすくなる心理のことです。
ドア・イン・ザ・フェイスとは、最初に大きな要求をすることで後の小さな要求が通りやすくなる心理のことです。
ローボールテクニックとは、好条件を提示し承諾してもらった後にその好条件を取り消し、悪条件を付け加え、同意させる心理のことです。
返報性の原理とは、相手から何か与えられた際にそのお返しをしなければ気が済まない心理のことです。
希少性の原理とは、なかなか手に入らない希少なものに対して人は価値を感じてしまうという心理のことです。
コントラスト効果とは、2つ以上の物事に差がある時、その物事を対比させると、実際の差以上に差があると感じてしまう心理のことです。
選択肢限定法とは、選択肢を用意しているように見せて実際は選択せざるを得ない選択肢が決まりきっている心理のことです。
ザイオンス効果とは、無関心な人や物でも接触回数が増えれば増えるほど印象や好感度が良くなる心理のことです。
第三者話法とは、第三者の意見や考え、事例を紹介することで説得力を高めようとする心理のことです。
ピークエンドの法則とは、最も感情が動いたピーク時とその出来事の終了時によって全体の印象が決まる心理のことです。
フィナグルの法則とは、私たちが持つ情報は私たちが欲しい情報ではなく私たちが欲しい情報は私たちに必要な情報ではなく私たちに必要な情報は私たちの手には入らないという法則のことです。
ソッドの法則とは、起きて欲しくない悪いことはよりによって最悪な状況下で訪れてしまう法則のことです。
パーキンソンの法則とは、制限時間や使える予算が増えれば増えるほど人は制限時間いっぱいに無駄なことをしたり予算いっぱいに無駄なことをしてしまう法則のことです。
ハインリッヒの法則とは、1件の重大事故の裏には29件の小さな事故と300件の怪我を負わない事故があるという法則のことです。
決定回避の法則とは、選択肢が多くなればなるほど人は決断力が低下し選ぶことができなくなるという心理のことです。
パレートの法則とは、顧客全体の2割にあたるロイヤルカスタマーが売上の8割を生み出しているという法則のことです。
メラビアンの法則とは、7%の言語情報と38%の聴覚情報と55%の視覚情報という割合で人は影響を受けているという法則のことです。
バンドワゴン効果とは、ある選択肢を多数の人が選択している時、その選択肢をさらに多くの人が選択する流れができあがる心理のことです。
アンダードッグ効果とは、ある選択肢が不人気や不利の状況において、その選択肢を応援しようという目的で人気が集まる心理のことです。
スノッブ効果とは、多数の人が選択するものに対し希少価値がないと考え、あえて違うものを選択することで希少価値を高めようとする心理のことです。
ヴェブレン効果とは、高額な商品・サービスに対してお金を支払うことで特別感や自己顕示欲を満たすことができるという心理のことです。
ゲインロス効果とは、良くも悪くも第一印象とのギャップが生じた時に必要以上の評価をしてしまうという心理のことです。
カチッサー効果とは、頼みごとをする時に理由を付けてお願いするだけで承諾されやすくなるという心理のことです。
AIDMAの法則とは、Attention(注意)→Interest(関心)→Desire(欲求)→Memory(記憶)→Action(行動)という消費者行動プロセスの一つです。
AIDCAの法則とは、Attention(注意)→Interest(関心)→Desire(欲求)→Conviction(確信)→Action(行動)という消費者行動プロセスの一つです。
AIDAの法則とは、Attention(注意)→Interest(関心)→Desire(欲求)→Action(行動)という消費者行動プロセスの一つです。
AISASの法則とは、Attention(注意)→Interest(関心)→Search(検索)→Action(行動)→Share(共有)という消費者行動プロセスの一つです。
AISCEASの法則とは、Attention(注意)→Interest(関心)→Search(検索)→Comparison(比較)→Examination(検討)→Action(行動)→Share(共有)という消費者行動プロセスの一つです。
AIDASの法則とは、Attention(注意)→Interest(関心)→Desire(欲求)→Action(行動)→Satisfaction(満足)という消費者行動プロセスの一つです。
AMTULの法則とは、Awareness(認知)→Memory(記憶)→Trial(試用)→Usage(日常利用)→Loyalty(愛用)という消費者行動プロセスの一つです。
AIDEESの法則とは、Attention(注意)→Interest(興味)→Desire(欲求)→Experience(体験)→Enthusiasm(熱狂)→Share(共有)という消費者行動プロセスの一つです。
気分一致効果とは、その日その時その瞬間の気分によって、思い出される記憶や行動が変化する心理のことです。
マッチングリスク意識とは、商品・サービスを購入する際に自分に合わなかったらどうしようと不安になる心理のことです。
プラセボ効果とは、有効成分が入っていないサプリであっても有効成分が入っていると思い込んで飲むことで症状が改善されるという心理のことです。
開放性の法則とは、プライベートな一面を見せられることで相手に対して親近感を抱いてしまうという心理のことです。
類似性の法則とは、自分と共通点がある相手に対して親近感を抱いてしまうという心理のことです。
カリギュラ効果とは、ダメと言われ、禁止されればされるほどやりたくなってしまうという心理のことです。
罰への欲求とは、あまりにも幸運なことが続き過ぎると逆に不安になり悪いことが起きるなら早く起きて欲しいと望んでしまう心理のことです。
ウィンザー効果とは、直接伝えられるよりも第三者を通じて間接的に伝えられた方が信憑性が増し信頼されやすいという心理のことです。
コンコルド効果とは、時間やお金を投資し続けることが明らかに損失であると分かっていても、これまで投資してきた分の時間やお金を惜しんでダラダラと継続してしまう心理のことです。
偽(ぎ)の合意効果とは、自分の考えや行動が常に多数派であり正しいと思い込み、他の人も同じ考えに違いないと錯覚する心理のことです。
シャルパンティエ効果とは、「価格が高い安い」「時間が早い遅い」「分量が多い少ない」などの感覚的なものをイメージによって錯覚させる心理のことです。
マガーク効果とは、聴覚情報で声や音を聞き分けているはずなのに実際は視覚情報にかなり影響されている心理のことです。
ブーバキキ効果とは、音のイメージと形のイメージに類似性を求めてしまう心理のことです。
カタルシス効果とは、心の中にある不安や不満などのモヤモヤを口にすることで苦痛が薄まり安心感が訪れる心理のことです。
ツァイガルニク効果とは、達成できなかったことや中途半端に終えてしまったことほど強く記憶に残ってしまうという心理のことです。
テンション・リダクション効果とは、緊張状態が解けた直後ほど注意力が散漫になり警戒心が薄れてしまうという心理のことです。
バーナム効果とは、誰にでも当てはまることを言われているのに「自分のことを言い当てられた」と錯覚してしまう心理のことです。
ハロー効果とは、優れた特徴や劣った特徴が目立つことによって他の部分も同じように優れていたり劣っていたりするのではないかと感じてしまう心理のことです。
初頭効果とは、第一印象で与えられた情報が後の情報や判断に大きな影響を及ぼすことになるという心理のことです。
親近効果とは、最後に与えられた情報が判断や決断に大きな影響を及ぼすことになるという心理のことです。
アンダーマイニング効果とは、役に立ちたいという内発的動機付けで活動していたことに対して、報酬を与えるという外発的動機付けをしてしまうと急にモチベーションが低下してしまうという心理のことです。
エンハンシング効果とは、報酬を与えるという外発的動機付けによってモチベーションが高まるという心理のことです。
ピグマリオン効果とは、人から期待されることでパフォーマンスが向上する心理のことです。
ゴーレム効果とは、人から期待されないことでパフォーマンスが低下する心理のことです。
モデリングとは、他者の行動を真似ることで同じ結果を導く心理のことです。
ラポールとは、信頼関係を築く心理のことです。
ミラーリングとは、相手の行動やしぐさを真似ることで信頼関係を築く心理のことです。
ペーシングとは、相手の話し方や話す速度、呼吸のペースを合わせることで信頼関係を築く心理のことです。
バックトラッキングとは、相手の言ったことをそのまま返すことで信頼関係を築く心理のことです。
コールドリーディングとは、事前の準備なしに相手の心理を読み解く技術のことです。
ホットリーディングとは、事前に準備した上で相手の心理を読み解くフリをする技術のことです。
ネームコーリング効果とは、名前を呼んでくれる相手に対して親しみを感じやすくなる心理のことです。
サバンナ効果とは、暗い所から明るい所に引き寄せられる心理のことです。
カクテルパーティー効果とは、騒がしい状況下でも自分に関係のある話が聞こえてきたらその話に耳を傾けてしまう心理のことです。
スリーパー効果とは、信頼できない情報源からの情報でも時間の経過とともに情報源の存在が忘れ去られ、情報だけが信頼感を増していく心理のことです。
ゴルディロックス効果とは、段階の異なる3つの選択肢がある場合に人は真ん中の選択肢を選んでしまいがちという心理のことです。
ロミオとジュリエット効果とは、困難や壁がある方が逆に乗り越えるためのモチベーションに繋がるという心理のことです。
プロスペクト理論とは、確率によって損得の両方が生じる場面において人は損失を回避するための行動を取るという心理のことです。
ディドロ効果とは、自分の生活に高級要素が一つ加わると他のものも高級なものへとシフトしないと気が済まなくなる心理のことです。
ベビーフェイス効果とは、赤ちゃんや赤ちゃんみたいな人・モノを見ることによって自然と警戒心が緩んでしまう心理のことです。
ストループ効果とは、文字の意味と文字色が異なっていると直感的に理解できなくなってしまうという心理のことです。
ホメオスタシスとは、生物が内部環境を一定の状態に保とうとする働きのことです。
スコトーマとは、見えてはいるけど無意識的に見落としてしまっている盲点のことです。
リフレーミングとは、物事を見る枠組みを変えることで別の視点を与える心理のことです。
エフィカシーとは、理想の現実を手に入れている未来の自分に対する自己評価のことです。
コンフォートゾーンとは、安心できて居心地がよくてそこにとどまり続けたいと思える場所のことです。
アファメーションとは、肯定的な思い込みによって理想の現実を引き寄せる心理のことです。
ドリームキラーとは、人の夢を邪魔してモチベーションを下げてくる近しい人間のことです。
マズローの欲求5段階説とは、「生理的欲求」「安全欲求」「社会的欲求」「承認欲求」「自己実現欲求」の心理のことです。

女性マーケターに教えるビジネス戦略・用語集

女性マーケターに教えておきたいビジネス・マーケティング心理学の話は終わりなのですが、実は今回特別におまけをご用意しました。

どんなおまけかというと、ビジネス戦略・用語集(※順不同)です。

全部で150個あります。

ここまでの内容をきちんと使いこなすことができれば、女性マーケターとしてマーケティング能力を存分に発揮することができますので、怖いものなしで起業できます。

ただ、女性マーケターとしてさらに高みを目指すのであればビジネス戦略・用語集です。

ビジネス戦略・用語集も使いこなすことで、さらなる高みを目指していきましょう。

※用語をタップすると、解説が読めます。

敵を知り己を知れば百戦危うからずとは、相手を知り自分を知れば何度戦っても敗れることはないという意味の言葉です。
フリー戦略とは、価値ある無料提供で見込み客を集め、返報性の原理によって商品・サービスを購入してもらう戦略のことです。
ランチェスター戦略とは、弱者であることを認めて弱者の戦略としてどのように強者と戦わずに結果を作ることができるかを考える戦略のことです。
ペルソナとは、商品・サービスを購入するユーザー層を年齢や性別などで絞り込んで1人の架空の人物を作り上げることです。
ベネフィットとは、抱えている問題が解決した先の未来のことです。
マネタイズとは、収益化させることです。
キャッシュポイントとは、収益源のことです。
LTVとは、顧客生涯価値のことで、1人のお客さんが一生涯のうちにお金を落としてくれる総利益のことです。
ホームページとは、Webサイトのことです。
ブログとは、自分の思考や価値観、知識や情報などを発信するためのWebサイトのことです。
WordPressとは、ブログを簡単に作成できる無料ツールのことです。
テンプレートとは、WordPressのデザインをおしゃれにするためのテーマのことです。
ドメインとは、https://から始まる○○.jpや○○.comなどのWebサイトの作成に必要なものです。
サーバーとは、Webサイトの情報を保管しネット上に公開するためにドメインと紐づけるものです。
SNSとは、無料で個人で情報発信ができるコミュニティ型のメディアのことです。
メディアとは、情報発信が行われている媒体のことです。
プラットフォームとは、Webサービスにおいて人が多く集まるメディアのことです。
SEOとは、サーチエンジンオプティマイゼーションのことで、検索エンジン最適化のことで、検索結果で1位を狙うための施策のことです。
アドセンスとは、Google広告のことです。
アフィリエイトとは、成果報酬型広告のことです。
アフィリエイターとは、アフィリエイトをする人のことです。
ASPとは、アフィリエイトサービスプロバイダのことで、成果報酬型広告の案件を取り扱っているWebサイトのことです。
バナー広告とは、Webサイト上で表示される画像広告のことです。
テキスト広告とは、Webサイト上の文字に埋め込まれている広告リンクのことです。
発生報酬とは、設置したアフィリエイトリンク経由で商品・サービスが売れた場合に発生する仮報酬のことです。
確定報酬とは、発生報酬の段階で発生した仮報酬が審査に回され承認された場合に確定する本当の報酬のことです。
承認率とは、発生報酬から確定報酬に変わる際の承認される率のことです。
EPCとは、広告1クリックあたりの収益のことです。
クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい個人や企業がクラウドソーシングサービス上の不特定多数に対して仕事を発注することです。
外注とは、外部の業者に仕事を発注することです。
OEMとは、メーカーが他社ブランドの製品を製造することです。
メールマガジンとは、メール版のブログのことです。
DRMとは、ダイレクトレスポンスマーケティングのことで、見込み客から直接返事をいただくためのマーケティング施策のことです。
ステップメールとは、メールマガジンを自動化するシステムのことです。
マーケティングオートメーションとは、新規顧客の獲得から見込み客の教育までを自動化するシステムのことです。
売上とは、商品・サービスを売ることで稼いだ金額のことです。
利益とは、商品・サービスを売ることで稼いだ金額から諸々の費用を引いた金額のことです。
利益率とは、売上に対する利益の割合のことです。
薄利多売とは、1個あたりの利益を薄くして沢山売りさばくことで多くの利益を確保しようとする販売方法のことです。
厚利少売とは、1個あたりの利益を大きくして少ない数でも利益をしっかり確保しようとする販売方法のことです。
有形商材とは、モノがそこにある商材のことです。
無形商材とは、モノがそこにない商材のことです。
マーケティングとは、お金が人から人へ移ることでありお金を人から人へ移すためにいっぱい考えることです。
コピーライティングとは、言葉で人を惹きつけ言葉で人を動かす技術のことです。
セールスとは、商品・サービスを販売することです。
クロージングとは、商品・サービスを販売する際の最終段階のことです。
フロントエンド商品とは、新規顧客を獲得するための低価格商品・サービスのことです。
バックエンド商品とは、既存顧客に対して販売する高価格商品・サービスのことです。
アップセルとは、お客さんが手にした商品・サービスよりも値段の高い商品・サービスの提案をすることです。
クロスセルとは、お客さんが手にした商品・サービスと合わせて購入すべき商品・サービスの提案をすることです。
ダウンセルとは、お客さんが購入を断念した商品・サービスよりも値段の安い商品・サービスの提案をすることです。
LPとは、Webサイト上で商品・サービスの提案をする際に用いられる1枚型のオファーページのことです。
オファーとは、提案のことです。
CVとは、成果のことです。
CVRとは、Webサイトの訪問者が購入や登録などの成果に至った割合のことです。
CTRとは、Webサイトで広告が表示された回数に対してクリックされた割合のことです。
PVとは、Webサイトの訪問者がページを開いた回数(閲覧数)のことです。
UUとは、Webサイトにアクセスした訪問者数のことです。
ビジネスモデルとは、「誰に」「何を」「どのように」届けることで事業を成立させていくか(利益を出していくか)を考えることです。
セグメンテーションとは、狙いを定めた市場にいる不特定多数の人間をカテゴライズして区分分けすることでビジネスをする上でのターゲットを作り出すことです。
ターゲティングとは、セグメンテーションで作り出したターゲットをより具体的にペルソナ等を用いて絞り込んでいく作業のことです。
ポジショニングとは、セグメンテーションとターゲティングをして作り出したペルソナである顧客が、狙いを定めた市場において商品・サービスを購入しようと考えた時に、一番最初に自社の商品・サービスの存在を頭に思い浮かばせる状態を作ることです。
USPとは、自社の商品・サービスにしかない独自の強みのことです。 
ブルーオーシャンとは、競争相手がいない市場のことです。
レッドオーシャンとは、競争が激しい市場のことです。
参入障壁とは、新規参入のハードルが高い業界や事業のことです。
ニッチビジネスとは、レッドオーシャンの中にあり確実に需要があるのに隙間産業すぎて大儲けできないという理由からまだ誰も手を付けていないブルーオーシャンを開拓するビジネスのことです。
マーケットインとは、確実に需要のある商品・サービスを顧客目線で作り市場に投げていくマーケティング手法のことです。
プロダクトアウトとは、「これを売りたい」「これを作りたい」「こんな世の中を創りたい」という商品・サービスを販売者目線で作り、需要を喚起させた上で市場に投げていくマーケティング手法のことです。
マーケティングファネルとは、パーチェスファネルとも呼ばれ、「認知」→「興味・関心」→「比較・検討」→「購入」という漏斗型の消費者行動プロセスのことです。
マーケティングダブルファネルとは、漏斗型の消費者行動プロセスに三角形(ピラミッド)をプラスした「継続」→「紹介」→「発信」という砂時計型の消費者行動プロセスのことです。
顧客ロイヤリティとは、顧客が販売者や商品・サービスに対して抱く信頼や崇拝のことです。
ブランディングとは、顧客ロイヤリティを高めるためにブランド構築をしていくことです。
プライオリティとは、優先順位のことです。
インフルエンサーとは、広範囲に影響力を持つ個人のことです。
バイラルマーケティングとは、口コミによる拡散マーケティングのことです。
バズマーケティングとは、拡散による口コミマーケティングのことです。
ステルスマーケティングとは、ステマのことで、報酬を貰っていないような顔で商品・サービスを紹介しつつ裏ではちゃっかり報酬を貰っているマーケティング手法のことです。
シナジーとは、人やモノやコトが相乗効果で良い影響を与え合うことです。
PDCAサイクルとは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)のことです。
BtoBとは、企業が企業に対して商品・サービスを提供することです。
BtoCとは、企業が個人に対して商品・サービスを提供することです。
CtoCとは、個人が個人に対して商品・サービスを提供することです。
DtoCとは、メーカーや仲介業者、店舗等なしに、自社のECサイトで個人に対して直接、商品・サービスを提供することです。
PtoCとは、インフルエンサーがメーカーや仲介業者、店舗等なしに、個人に対して直接、商品・サービスを提供することです。
プッシュ型とは、メールマガジンを用いて見込み客に直接アプローチする方法のことです。
プル型とは、ブログを用いて見込み客や潜在顧客が自社の発信に触れることを待ち望む方法のことです。
リスクヘッジとは、起こりうるリスクを最大限避けるために予め対策を講じておくことです。
グロスとは、全体で考えるということです。
コンテンツマーケティングとは、有料で販売されていてもおかしくない価値ある情報を無料でネット上に公開することで見込み客を集めるマーケティング手法のことです。
仕組み化とは、マニュアル化のことであり再現性の高い状態を作り上げることです。
再現性とは、いつ誰がどのような状況下で行っても、同じような結果を作り出すことができる状態のことです。
自動化とは、自分の労働時間が0時間でも集客ができたり教育ができたり販売ができたりしている状態を作り上げることです。
集客とは、見込み客や潜在顧客や顕在顧客を集めることです。
見込み客とは、商品・サービスの購入見込みがある人のことです。
潜在顧客とは、自分自身が悩みや不安を抱えていること自体にまだ気付いていないが、気付かせることができれば、見込み客になりうる人のことです。
顕在顧客とは、自分自身が悩みや不安を抱えていることに気付いているが、自社の商品・サービスの存在をまだ知らない人のことです。
教育とは、洗脳のことで、販売する商品・サービスの必要性や顧客ロイヤリティを高めるためにマーケティング施策を行っていくことです。
販売とは、販売する商品・サービスをお客さんに提案しお客さんに届けることです。
月額課金とは、継続課金のことで毎月1回の支払いで商品・サービスを利用することです。
JVとは、共同で事業を行うことです。
優位性とは、比較した時に優れている点のことです。
オプトインとは、メールマガジンに登録する際に許可を得ることです。
ダブルオプトインとは、メールマガジンに登録する際に仮登録と本登録の二度の許可取りをすることです。
オプトアウトとは、メールマガジンの配信停止のことです。
アルゴリズムとは、プログラムされているやり方のことです。
キーワードとは、検索エンジンでの検索ワードのことです。
検索エンジンとは、GoogleやYahoo!などのキーワードが入力できる検索窓のことです。
SNS検索とは、YouTubeやTwitterやInstagramやTikTokなどのキーワードが入力できるSNSの検索窓で検索することです。
サジェストキーワードとは、検索頻度の高い関連キーワードのことです。
ロングテールキーワードとは、3語以上を組み合わせたキーワードのことです。
ハンドメイドとは、仕組み化と自動化ができない低価格帯の手作り作品のことです。
オーダーメイドとは、高価格帯の受注生産商品・サービスのことです。
リスクリバーサルとは、返金保証を付けることです。
戦略型とは、逆算計画を立てて戦略的にビジネスを作り上げる人のことです。
チャンス追求型とは、常にチャンスを追い求め逆算計画なしに行き当たりばったりの行動でお金儲けを考える人のことです。
逆算計画とは、ゴールから逆算して計画を立てることです。
コンセプトとは、方向性であり軸となる世界観のことです。
自己開示とは、自分自身の情報または自社の情報をていねいに掘り下げて伝えていくことです。
テストマーケティングとは、新商品・サービスを本格的に販売する前にテスト的に小規模や少人数に対して新商品・サービスを販売することで、事前にネガティブ要素を潰すことができるマーケティング手法のことです。
ABテストとは、コンバージョン率を最適化するためにAパターンとBターンを用意しテストし続けるマーケティング手法のことです。
3つのNOTとは、人は「読まない」「信じない」「行動しない」という、情報発信を行う際の3つの原理原則のことです。
4つのNOTとは、人は「開封しない」「読まない」「信じない」「行動しない」という、DRMを行う際の4つの原理原則のことです。
開封率とは、メールマガジンが開封される率のことです。
スモールビジネスとは、たった1人で始めることができる小規模ビジネスのことです。
ネットビジネスとは、インターネットを中心としたビジネスのことです。
ネットワークビジネスとは、MLM(マルチレベルマーケティング)のことで、友達をなくすとよく言われる勧誘活動を中心としたビジネスのことです。
マルチ商法とは、ネットワークビジネスのことで、合法ではありますが、ねずみ算的に子会員や孫会員を増やしていく儲からなさすぎるビジネスのことです。
在宅ワークとは、自宅にいながらできる仕事のことなのですが基本的には詐欺の謳い文句として使われることが多いです。
スタートアップとは、革新的な事業を立ち上げ急成長を狙う組織のことです。
ベンチャーとは、新規事業を立ち上げじわじわと成長していく組織のことです。
慈善事業とは、利益を無視して社会貢献のために頑張るビジネスのことです。
自己啓発とは、自分自身をより高いレベルへと成長させるために欠かせない活動のことです。
マインドコントロールとは、思考と価値観を乗っ取られ「悪い洗脳」をさせられることです。
悪い洗脳とは、良い人のふりをした悪い人が支配を目的として行う洗脳のことです。
良い洗脳とは、「人生をダメにする悪い価値観」を破壊し正しい価値観を植え付けるための洗脳のことです。
モチベーションとは、やる気のことです。
メンタルリハーサルとは、常に頭の中でイメージトレーニングし続けることであらゆる困難にぶち当たったとしてもその困難を乗り越えることができるメンタルを養っておくということです。
ストーリーとは、相手の感情を操るためにつくられた物語のことです。
ヒーローズ・ジャーニーとは、「日常世界」→「冒険への誘い」→「冒険の拒否」→「賢者との出会い」→「戸口の通過」→「試練、仲間、敵」→「最も危険な場所への接近」→「最大の試練」→「報酬」→「帰路」→「復活」→「宝を持っての帰還」という12のステージを用いてストーリーを作り上げていく型のことです。
加点方式とは、0点スタートで良い所や優れた所を見つけたらその都度プラスに評価するシステムのことです。
減点方式とは、100点スタートで悪い所や劣った所を見つけたらその都度マイナスに評価するシステムのことです。
コンサルタントとは、相談に乗ったり指導したり導いたりする仕事をする人のことです。
コンサルティングとは、相談に乗り解決へと導くことです。
コーチとは、導く仕事をする人のことです。
コーチングとは、内面を掘り下げて潜在能力を開花させることです。
カウンセラーとは、話を聞く仕事をする人のことです。
カウンセリングとは、話を聞き不安を落ち着かせることです。
女性起業家とは、自分の事業を持っている女性のことです。
コアニッチとは、コア(本質)とニッチ(需要の少ない隙間)を掛け合わせた造語で、この記事を書いている私、MARQUEの世界観のことです。

心理学(90個)+用語集(150個)=合計240個

おまけの方が数が多いというアクシデントはさておき、合計240個の用語の意味を覚え、使いこなせるようになれば、絶対に優秀なマーケターになれます。

ただ、実際のところ難易度高すぎます。

なんせ覚えるだけならまだしも、使いこなすとなると数が多すぎます。

私の場合は、マーケティングとは何か?で話している通り、遊び感覚でマーケティング思考を身に付けましたので、あえて用語を覚えようとはしてきませんでした。

ここに挙げた用語は、一応、私でも知ってるというものです。

私が勝手にそう呼んでいるだけのコアニッチのような造語も混じっていますが・・・

私が実際に使っているのは、ここに挙げた用語の一部です。

全てを使っているわけでも、使いこなしているわけでもありません。

なので、全部覚えて使いこなせれば素晴らしいですが、難易度高すぎます。

手段と目的を履き違えないよう注意が必要です。

そこで、おすすめの方法を一つ提案させてください。

お風呂やトイレに入っている時に読んでいただくことを想定して今回この記事を書きましたので、お風呂やトイレに入っている時に一通り読んで欲しいです。

そしたら、2週目、3週目と読んでください。

全体を通して最低5回、できれば10回読んで欲しいです。

そしたらもうそれで終わりにしてしまっていいです。

あとは、事業作りやマーケティングをしていく中で、「なんかこの心理学使えそう」とか「この用語の意味なんだっけな」という時に活用するのがおすすめです。

240個の中で絶対に覚えなければならない用語のピックアップなど、時間短縮して心理学や用語集の勉強を終わらせたい女性は、私に直接聞きに来てください。

これは絶対覚えて!使い方も!という用語をピックアップしてお答えします。

240個の中で、利益最大化のために絶対欠かせない用語についてもお教えいたします。

それでは以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。